今月10日に投稿した「日本の歯科技工を守ろう」。

歯科技工士の現状を数字でお伝えします。

2016年保団連歯科技工所アンケート結果より。

 

①異常な労働時間

3人に1人が週81時間以上働き、過労死ラインをはるかに上回っている。

長時間労働は過労死を招く恐れがあるそうです。

②低い可処分所得

歯科技工士は超長時間労働の上、可処分所得も低くなっている。

国家試験にもかかわらず、半分以上が300万円以下の可処分所得である。

上記の理由として以下の理由が見受けられる

1、ダンピング競争

2、歯科医院による値下げ要請

3、歯科医療機関による経営悪化

4、補綴関連の低診療報酬

 

結局どんな業種もそうだと思いますが、安かろう悪かろう。

弊社含め、私個人的にも値上げできるように日々技術や知識のスキルアップ・プラスを

図っていく必要があると思いました。

(技術を伝承していきたい)