皆様、こんにちは。

本日は歯科新聞より。

「くいしばり」、「歯ぎしり」などの昼夜の咬みしめが歯周病と大きく関係

していると岡山大学の研究グループが発表されました。

これまで根拠はないが関係していると考えられてきました。

この度24時間記録できる装置を開発し、歯周病患者の咬みしめの解析に成功したのとの事。

結果によると、軽度歯周病患者は日中平均して1時間当たり1,4分に対して

重度の患者は6,2分間も無意識に咬みしめていることがわかりました。

ちなみに私も歯周病患者です。

(歯周病は糖尿病との関連も)