皆様、こんにちは。全国の歯科医院のお手伝いがしたい

愛知県の矯正専門ラボ「水野デンタルスタジオ」代表の水野です。

さて本日は矯正歯科技工ではなく補綴の話です。

補綴とはいわゆる銀歯と言われる私達歯科技工士が製作する技工物全般の事を指します。

金属焼付ポーセレンを開発したのが日本人というのは皆様ご存知でしょうか。

その名も桑田正博さん。現在82歳だそうです。

今現在も世界を舞台に講演、研修会活動をされています。

昨年はロシアで講演されたそうで、研修会等の仕事を「100歳までは続ける」と

公言しているそうです。素晴らしいですね。

正しく日本が誇る「世界のクワタ」ですね。

(桑田先生)

(これが金属焼付ポーセレン)